国産の最高級キーボード、東プレ Realforce 108US/91U

あの国産最高級キーボード、東プレのRealforceを入手しました。


見た目はオッサンぽいというか何の変哲もないキーボードですが、機械接点のない静電容量無接点方式のキースイッチを採用していて、耐久性があり疲れない、タイプ音が静かでキータッチも抜群。と、特長を書き連ねてもこの素晴らしさをうまくお伝えする自信がありません。まずは、ぜひお店で触ってみて欲しい!

写真手前は、すべてのキーの重さが30gのRealforce 108US。もうホントに最高なんですが、キーが軽すぎて、ちょっと気を抜くと「ああああああ」と連打してしまうので困ってます… でも、このキーボードにしてから、持病の腱鞘炎の調子が良いです(切実)。

写真奥がRealforce 91U。こちらは小指でタイプするキーの重さが30g、その他のキーが45gと、重さを変えてあります。1.5倍も差がつけてあるとのことで違和感を感じないか不安だったのですが、そんなことはなく、こちらもバッチリ使いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>