18,000個以上のキーボードで作られた、トロイの木馬

hedonIsM(y) trojaner と名づけられたこの作品は、ドイツ人アーティスト Babis Cloud (aka Babis Panagiotidis) によって作られました。


「トロイの木馬」は、ギリシャ神話の有名なお話に出てくる罠でもありますが、ご存知のとおり、コンピュータウィルスの名称でもあります。再利用された18,000個以上ものキートップとレジン樹脂で作られたこの木馬は、インターネットに依存する現代の私たちの快楽主義的な脆弱性を表現しています。


この作品の最初のバージョンは、Babisが家賃を滞納した家主の息子にチェーンソーで破壊され、裁判沙汰に。現在は別バージョン作成の構想中だそうです。

→ babiscloud.de