モトローラ独自機能「Smart Actions」で、設定の自動化&Androidの節電対策!

Smart Action Motorola独自機能Motorola RAZR M には、モトローラの独自機能「Smart Actions」が搭載されています。これを利用すると毎日している決まった操作を自動化できるというので、早速設定してみました。
Smart Action Motorola独自機能自分の操作方法に合わせた複数の「ルール」を作成することが出来ます。

「ルール」の作成には、「トリガー(起動条件)」と「アクション(実行内容)」を指定します。

まずは簡単に、3つのルールを作ってみました。

Smart Action Motorola独自機能「家」のルール。

「家に着いたらwifiをオンにする」設定にしました。街中で不安定なwifiを拾いたくなくてwifiをオフにすることが多いので、家の付近で自動でオンになってくれたら便利。

本当は、上記のような理由で「家以外の場所ではwifiオフ」がやりたいんだけど、「特定の条件以外で」というトリガーは残念ながら無いようです。

Smart Actionモトローラ razr m「寝」る時のルール。

「夜間に家にいる場合、着信音が鳴らない」ようにしました。ポイントは、「VIP着信音」というのがあって、例外として必ず着信音を鳴らす相手を設定できます。複数の人を指定することが出来ます。

これで、大切な電話を取り逃すこともありませんね。

Smart Action Motorola独自機能「夜間の節電」ルール。

「深夜にディスプレイがOFFで充電ケーブル未接続で端末が動いていない場合、同期を切る」設定にしました。簡単に言うと「充電しないで寝てしまった場合、同期を切ってバッテリーの消費を抑える」ってことですね。これはルールのサンプルとして保存されていた設定をそのまま使ってみました。

自動で設定が切り替わるというのは、本当に便利ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>